AGF2018にいってきました

アニメイトガールズフェスティバル、通称AGFに行ってきました。

『アニメイトガールズフェスティバル2021(AGF2021)』はアニメ・コミック・声優・グッズ・乙女ゲーム・コスプレなど”女の子のためのすべて”が集まる池袋の大型イベント!2021年11月6日(土)~7日(日)に開催決定!

URL的にアーカイブではなく、2019になったらこのページが更新されてしまうようですね。

一部ページは西暦ナンバリングされているので、URL直接たたけばいけそう。

終わったあとに来場者数が表示されてました。

AGF2018公式ページ より

入り口でバードウォッチングしてるとは思いましたが公開してくれるんですね。すごい。

わたしの目的はもちろんうたの☆プリンスさまっ♪ブース

―2018年11月10日(土)・11日(日) 池袋サンシャインシティにて行われるアニメイトガールズフェスティバル2018にうたの☆プリンスさまっ♪も出展いたします。皆様ぜひお越しください!!

実は、AGF行くの初めてでした。

すごいフラストレーションばかりが溜まる場所だと思ってたんですよ。

AGFを知ったのはうたプリエアラインを始めたときで、その当時の評判の印象がぬぐえないまま5年も行かずじまい。

「今回のAGFは最高だった!」みたいな声が聞こえなかったのもあるけど。

幸い、うたプリは通販も対応してくれて、エアライン以降は会場限定商品もなくなったので購入特典だけは諦めて通販で買わせていただいていました。

しかし今年、天使と悪魔の2種展開に加え、新たに応募券という特典がついてしまいました。

普段ならスルーしているのですが、2種展開で単純に例年より買う金額が倍になり、それが応募券と特典もらった方が良いなという金額だったんですよね。

あとはカルライ楽しかった感情的な特需が起きてました。端的にいうとテンションが高かった。

チケットがない

行きたくなっても時すでに遅し。乙女の戦いは早い段階から始まり、猛者はすでに勝敗を決しているのだ。

6日ごろ、午後チケットですら売り切れ。

普段まったくスルーしていたので、チケットの売れ行きなども知らなかったんです。

午後チケットですらなくなるとは…。

割と毎年行くイベントがコミケやWF、AJなのでまず会場に入ることすら叶わないというのが衝撃。

それでもドタキャンなんてものはあるので、チケットはあきらめなければ手に入るんだと歴戦の戦士に勇気づけられ、twitterで同行者を探してる方に声をかけて無事入場の権利を得ることができました。

チケットを探しているとわかったんですが、持っている人同士でも今度は同行者を探している場合もあるんですね。

朝早くから列に一緒に並んでくれる人。

それは長時間の待機中にお話しながら~!などという楽しげなものではなく、トイレなどで列を抜ける場合の列確保をお互いにするという協力者。

それも最初のうちに確保しないといけないのか…。その場の隣の人とかじゃダメなのか…。

皆さん早い段階からすごい入念に準備しててすごいなあと感心しつつ、わたしはチケットを譲ってくれる方が同行者としても探しているそうだったので助かりました。

カルライ2017事前物販で9時間近く並んでいたときは一人でしたが、隣のお姉さんに一言言って荷物を全部持って行きました。

列が動いてて場所がわからなくなったときに再びお姉さんと会えたときの喜び忘れない。

お姉さんもわたしがきょろきょろ死にそうになって探してたら「いたー!」って笑顔で手を振ってくれたの忘れない。優しい。

ツイッターかライン交換してから抜けような。

当日の朝、いよいよ待機列

駅で譲ってくださる方と合流し、お話しながら会場へ。

おはようサンシャインシティ。まだサンシャイがずいぶん下の方なんだけど来ちゃった。

7時半より少し前だったでしょうか。その時点での待機列はこの地点でした。

サンシャインシティの地図を一部お借りして加工しています。

4階正面入り口…からではなく、その外周をビルに沿って進んでいるとなぜか2階に辿りつくという。

うたプリブースの外待機列が見えてなければ、自分が今どこにいるのかわかってなかったと思います。

なんとgoogleストリートビューから位置が見えました。

この角からぐるりとまた折り返すんですよね。いざストリートビューで歩いてみるとすげー並んでたんだなって思います。

ひ、ひなた~~~。

わたしなりに初めてのAGFだったので、会場規約やMAPなどくまなく確認したあと経験者さんがまとめてくださってるものを調べたりしていたんですが、どうにもこうにも寒いから午後チケ組は防寒しっかり!とありまして。

わたしもカルライ2017の事前物販で3月という季節と最高気温に惑わされて、結果人生で一番辛い待機列になった原因のひとつが寒さでした。

最高気温というのは、風通しのいい日向で測ったデータから算出しているんです。

だから、最高気温が高いと言っても日陰と日向だと全然違う。特に春と秋は注意。

日陰でずっと待機していた結果、風が冷たいのでどんどん寒くなっていました。

なのであんな思いはもうしない!と防寒はしっかり…。

ところがひなた~~~~。

そして10日の最高気温は21℃予想でここ数日の中では特に暖かいとされる日でした。

わたしたち午後チケ組は13時までは外に放り出されているので、日焼け対策も必須でしたね…。

特に日差しが列の並びによってはまっすぐ来るので、サングラスを忘れたのが辛いこと辛いこと。

少し列が動いて日陰に入るとこうなります。

どっちも長居するもんじゃない。

外に6時間もじっとしてることなんてそうない。

待機列中は椅子を持っていったんですけど、様子をみるに皆さんあんがいレジャーシート引いてがっつりピクニックスタイルなんですね。

列がすごい伸びるけどその辺は寛容するんだ…と思ったら微妙に詰めさせられたり、かと思ったら、詰めすぎたのでちょっと余裕作りますと謎の空間に移動させられたり。

ピクニックスタイル許されるならレジャーシートと椅子両方持っていくべきでした。

脚もしびれるし、立つ、椅子に座る、床に座るの3パターン欲しかったなって思います。

それと待機列のスタッフさんも汗かいてました。本当にお疲れ様です。

でもやっぱり少し疑問が残るのが、「そろそろ移動するのでご準備お願いします」って言ってくれるのはすごくありがたい。

だけど、移動のため立つ準備を指示するなら「もうしばらく動きません」のエンドまでセットで教えてほしい…!

指示待ってくれる人ばかりだから、座っていいのかどうなのかを待ってる感じがするのになにも言われないからただただ無駄に立っている時間が結構ありました。

判断がつかずに指示が出せないんだろうけど、まず判断がつかないんだ…って思った。13時までどこにも行けない列なのに…?

なかなか高圧的にスタッフさんに「座っていいのか動くのかもわからないんですか」って詰め寄ってる方もみられたので、まあまあもう少し穏便に…と思いつつでも何か言ってくれないのかな~とは感じてました。

真面目な人ほどストレス溜まりそう。わたしなんか5~10分動かなければ「座っちゃえば?」って感じで座る。すぐ立てるようにだけど。

普段行くイベントがスムーズに「進むよ~」「止まるよ~」「しばらく動かないよ~」「座ってても良いけどいきなり動くかもだから準備はしといて~」みたいに何かしら言ってくれるので余計に。

止まっているときにどうなるかの指示出してくれるのはありがたいことなんだな…。

うたプリブースの待機列を実況

偶然にも午後チケ待機列から中のうたプリブースの外列が見える場所で、暇だったのもあり今後のために記録を取っていました。

ファスト入場時ではちらほらでするすると外の列用仕切りを通るだけだったのが、列になってきました。

時間的にちょうど一般チケットAが入り始めたころですね。

ブースすぐ外の待機列場所が少しずつ詰まってはいるけど、まだそこには収まっている感じ。

整理券だなんて甘いこと、このときのわたしはまだ信じていたのです。

このあとお手洗いに行って10分ほどして帰ってきたら。

観測終了。外の待機列は12時前にはいっぱいになり、階段の方へ行ってしまうということしかわからなかった。

AGF2018公式mapをお借りして一部加工しています。

12時前にうたプリブースに来れていたら30分くらい並んで買えるみたいな感じ。

この後は列が伸びるばかりなのでやはり早いうちに入っておくと、単純な会場滞在時間の他に列も少なくていろんなところ回れるんですね。

午後チケ入場から購入完了まで

どのくらいで入れるものなのか、どのくらいで購入完了までいくのかというのは今後のためにもそして純粋な好奇心ですごく気になったので、できる限りタイムスタンプ代わりにTwitter実況していました。

歩きスマホよくないので、待機中に文面用意しておいてその都度ツイートボタンを押すだけの簡単なお仕事。

列整理でちょっと動かされる以外は動きのなかった列が、ようやく入場を目的とした列移動を開始しました。

チケットを渡し、腕にバンドを付けてもらいます。この後会場入りまで少し周回します。

というわけで7:30くらいから並び始めて、無事会場に入れたのは13:30。思ったより早かったです。

徹夜組もそのまま列として認められたそうですが午後チケで30分程度の差なら、わたしはこの時間で十分だなって思います。

うたプリは在庫わりとあるという情報と、藍は比較的最後の方まで在庫頑張ってるので助かります。行こうかなって気にもさせてくれる。

ちなみに入場は正面のレッドブルーの間の階段からではなく、★2階段あたりだったような。

そしていざいざ本来の目的であるうたプリブースへ。

サンシャインシティは何回も来ているはずなんですが、何回来ても建物の構造になれないんですよね。

マップを何回も見てシミュレーションしてまっすぐ目的地に行けるように備えていました。

が、それも杞憂といいますか、階段や通路は一方通行でイエローブースに行く方はこっち!と入場してからの階移動の動線がほぼひとつだったのですごくわかりやすかったです。

たぶん、事前にマップ見てなくても行けるくらい矢印に沿って行けば大丈夫。一方通行守らせるためにスタッフさんも配置されていてありがたい。

トイレに行ったときも感じたんですが、いろんな出入口が解放されているのでチケットがない人もしれっとは入れてしまいそうなんですよね。

でもフロア移動の合間合間でバンドの確認をされました。

収容人数に対しての通路が狭すぎて、これはちょっとしたミスひとつで大混乱になるなあと過去の話も納得してみたり。

うたプリブースが見えて列に沿って最後尾を探し、辿れども辿れども最後が見えぬ。

ようやくみつけたのは2階から1階まで降りた搬出口、地図ではバスターミナルになっているところです。

マジで出荷されるのではと思いました。どなどな。

この時点でも整理券にならないのかー、と先人が1時間以上並んでもまだ買えてないとの情報を見てまあそんなものかと思いましたが、複数ブース行きたい人は死活問題ですよね。

結論から話すと、最後まで整理券は配られませんでした。

整理券対応期待で順路考えてた人は大丈夫だったんでしょうか…。

バスターミナルから並び始めて40分、自分が午後チケで外にいた場所をようやく中から拝むことができました。

並び始めておよそ7時間後のことでした。

そしてついに列が中断される。

これ以上の列への並びは不可能となりました。

一度抜けてもまた入ってくることは叶いません。整理券はけっきょく配られることなく、列のみの対応で1日目を終えました。整理券はあくまで緊急対応としての位置づけだったのですね。

AGFの終了まであと2時間半でしたが、自分の並んでいた時間を考えると妥当ではあると思います。

午後チケ入場13時時点では完売はなかったのですが、一般チケ組が並んでから完売が出始めていました。

およそ14時の状態。

  • 17.ピアス「那月」残りわずか
  • 18.ピアス「トキヤ」残りわずか
  • 19.ピアス「レン」完売
  • 25.ピアス「カミュ」完売
  • 30.イヤリング「レン」残りわずか
  • 61.アクスタ天使「真斗」完売
  • 66.アクスタ天使「セシル」完売

セシルのアクスタから始まり、ピアスが軒並み死んでいく。

いつもはイヤリングがなくなっている気がするんですが、ピアスの在庫減らしたのかな?

確かにピアス開けてる人が一般的かと言われるとイエスとも言えないのでわかる気がします。

ようやく看板が見え、ディスプレイから雪月花やFiction、Non-Fictionが流れてくる音が聞こえてきました。

現金専用レジが3箇所ありましたが、誰も使用していないときもちらほらありました。

現金の人はそっちに優先して通してもらえるので、少しでも早くしたい人は現金がいいのは他のイベントと同じですね。

なんとなく、こういうメリットがあるから現金で来てねというのを示しているので現金専用レジをこれ以上減らすってことはしない気がする。

現金で買ってもらった方が企業は助かるしね。

そういえばこのあたりで那月のアクスタも終わった気がします。

買ったあとは脳みそがお花畑なので、「買い終わったよ~」っていうタイムスタンプを忘れています。

詰めが甘すぎる。

この辺のいよいよっていう画像の時間からして、15時半には購入完了していると思います。

午後チケで列に並び始めてから購入完了まで8時間かかりました。

うたプリ列だけで2時間近く並んでいます。

初めてのAGFうたプリブース

これがAGFのうたプリ…とAJの感じとあんまり変わらない気もするけど8時間かけてたどり着いただけに感慨深い…気がする。

ずっと通販だけだったので行ってしまえばここに来るのに5年と8時間ですかね。美風にすごい怒られそうな雑な計算してる自覚はある。

そりゃ電池も切れますわ。早くーーー充電してあげてーーー!!

販売品ディスプレイ。

わたしもこの什器を30台くらい並べられる人生になりたい。

当たるといいなー。

専用ポストに入れたくてその場で書いてきました。小学生みたいな理由。

専用ポストにどーん!よろしくお願いします!

トレスペは戦場ではなく幼稚園だった

せっかくなのでトレスペに行きました。

始終スタッフさんが「座り込まないでくださーい!」「床に置かないでくださーい!」とアナウンスして回っている。

「みんなちゃんと立ってやってるから!座ってる人ちゃんと立とう!立とうね~!」

もはやあやしていた。幼稚園かここは。

まず同じジャンルの人を探すのが大変ですね。うたプリここー!とかやってほしい。

あと手がふさがってしょうがないからやっぱり友人と助け合いたい…。

ファイルには「うたプリ探してます!」ってでっかいの貼り付けておきたい、いっそ頭に付けておきたい。

正直、Twitterで探した方がスムーズかもしれません。

天使と悪魔があるからもう大変。どっちがいくつ欲しいんだっけ?あれ?あの子のポスカは天使のやつだっけ?っててんてこまい。

積極的に「特典とか探してないですか」ってアバウトに声かけた方がヒットする。みんな全部のものを出し切れてない…。

わたしもすごく声かけてほしい気持ちでした。まだ、あるんや…出せてないだけなんや…。

次行くときはなんかスゲー便利絶対交換マンみたいな装備で行きます。次があるのかはたして。

AGFの感想

とはいえほぼほぼ並んでただけの一日でうたプリブースしかいっていないので何とも言えないのですが。

紙袋抱えてたり、地図もって連絡取り合ってる人をみると雰囲気が女性特化コミケ企業ブースって感じでした。すごい必死な熱量で、わたしもそういうイベントで必死な自分を思い出してつられて楽しくなってくる。

このイベント限定も多いようですし、女性向けメインで嗜んでる人にとってはそりゃ一番重い一日だ…。

わたしはアニメが大好きなので、AJは毎年行って無配とか知らないのでも興味がでるかもしれないからもらったり、ステージとは別の講演も参加したり、新作アニメブース事前チェックして全部回れるようにしたりとかしてるんですが、そんな感じなのかなって思いました。

AGFは驚くほど他のブースに興味がわかなくて…無配すらもらってなかった…。でも等身大アクスタとかはスゲーなーって見てました。

たぶんこういうプラスアルファの発掘の楽しみがもともとないからAGF行かなくてもいいかなってあったと思うんですよね。

ジャンルとして好きな人はすごい楽しそう。そしてほぼ物販だから戦場。

スタッフさんも中にいる人はハキハキテキパキしてるな~って思いました。

待機列中に午後列は入場口が一般と同じなのかわからなくて、マップ確認してても入る場所わからないと迷って困るし知ってたらいいなっていう淡い期待で立ってるスタッフさんに聞いたんです。

「すみません、ご存じだったらでいいんですが午後列って入場口はどこになるんでしょう?」

「この列を辿ると最後尾になります」

????

「最後尾が入場口なんですか?」

「スタッフがいます」

????

「その方が知っているんですか?」

「…そうですね」

たぶん会話が成立しなかった。NPCと話してる気分だった。

わからないならわからないと言ってくれ…。お互いに無駄な時間じゃん…。

列を辿ったら最後尾なのはわかるよ…。入場口かどうか聞いてるのにスタッフの有無答えられても意味不明だよ…。

質問が聞こえなかったら聞き返して…、わからないならわからないって言って…。ここだけはちょっとやばいなって思いました。イベントとしてじゃなくて、働く人が常にこうだったら怖いイベントだ。

高圧的に話したつもりはないけど、なんか聞き方まずかったんだろうか。間違ったりわからないと言ったら怒られると思わせてしまったんだろうか…。

うたプリの在庫

というわけで初めてのAGFは想定の範囲内ですべてを終えることができました。

欲しいものが売り切れなくてよかった!

ちなみにその日の夜、最後に完売情報を確認したら藍のアクスタとピアスもなくなってました。

あぶねー!買ったやつ!

参考までに1日目終了で完売してしまったもの

  • 16.ピアス「真斗」
  • 17.ピアス「那月」
  • 18.ピアス「トキヤ」
  • 19.ピアス「レン」
  • 23.ピアス「蘭丸」
  • 24.ピアス「藍」
  • 25.ピアス「カミュ」
  • 29.イヤリング「トキヤ」
  • 30.イヤリング「レン」
  • 60.アクスタ天使「音也」
  • 61.アクスタ天使「真斗」
  • 62.アクスタ天使「那月」
  • 63.アクスタ天使「トキヤ」
  • 64.アクスタ天使「レン」
  • 65.アクスタ天使「翔」
  • 66.アクスタ天使「セシル」
  • 68.アクスタ天使「蘭丸」
  • 69.アクスタ天使「藍」
  • 72.アクスタ悪魔「真斗」
  • 77.アクスタ悪魔「セシル」

セシル→那月・真斗、ものによってレンがめちゃ早いっていう順番でなくなっていた気がします。

最近のうたプリ完売状況は個人的にいい塩梅だと思ってます。今回の列対応も整理券にならなかったのはなんとなくわかる。

キャラ的なものもあるかもしれないけど、友人の助けがほぼないソロ狩りしててもどうしても買えなかったって血涙流す悲しみはここ最近してないような…。

カルライ2017のバングルライトも当日持っていけなくても事後通販あるから最悪はきっと避けられただろうし。

在庫に関して「それは可哀想だ」って思ったのは6thのブラインドじゃないセシルのグッズがライブ当日物販で30分程度でなくなったときが最後でしょうか。ストラップだったっけ?

カミュのタオルかなんかのときもあった気がする。

事前物販やってたならまあ…でも地方の人だったら当日だけ来たいだろうし。

事後通販確かあった気がするし最悪は避けられる、ライブマジックでテンションあがって買っちゃうっていう販売機会を逃してはいそうだけど。

最近は蘭丸の在庫が追いついてない感じもします。あー、人気だからもうないのかなーって感想がでそうないたって普通の感情。決して不満的な”足りない”ってわけでなく。

この手の在庫計画って難しそうですよね本当に…。

新しいソシャゲ主体ジャンルならまだしも、うたプリって新規入れるタイミングがあんまりなさそうにも感じるから定番品や定番企画では確実に戻ってきてもらう感じなのかな。

なんだかんだ通販があるから、他のジャンルが熱くなってイベントも行けたらいいやラバストボックス買いするほどじゃないって程度に熱が冷めててもシーズンものは絶えず買ってました。

コレクターなのでシリーズひとつでも落とすと酷く落ち込むのもあるし。

またこうやってライブで再燃して5年間避けてたイベントにくるまでになってしまっても、変わらずやっていてくれるのはすごく嬉しいなあって思います。

2017年のカルライから再燃しっぱなし。でももうラバスト箱買いはしなくなりました。

持っていくと良いものメモ

次回行くことになったら、来年の自分に教えてあげたい持っていくと良いもの。財布とかご飯とか充電器とかあたりまえのものは別として。

  • 椅子(生命線)
    300円くらいのパイプ折り畳み椅子持っていったけど、軽くてコンパクトなこれが気になってる。けっこう評判がいい。

    PATATTO mini
    かばんにも入る。軽くてコンパクトな折りたたみイス

  • ストール
    敵は予想気温ではなく日陰と日向の気温差。日よけにもなるし、羽織れば多少あったかい。椅子の尻が痛ければクッション…には頼りなかった。
  • 空気式のクッション
    空気の入れたり抜いたりが面倒でも午後チケレベルの待機時間だったら欲しい。
  • サングラス
    眩しい。あと朝眠くて目が開いてないのを隠せ。なぜ忘れた。
  • カイロ
    防寒甘かったらこれでどうにかしろ。靴に入れるのと腰に貼るのが良い。
  • 日傘
    列詰まってるときは差したらいけない。壁沿いなら邪魔にならない手すりに太陽に向けてひっかけられるときがあった。風強かったらやめよう。雨傘兼用で折り畳み。
  • いつも以上のトレード準備
    いつものファイルケースでは足りぬ動けぬ。開封した缶バッジ入れるだけ!絶対落ちない中で動かない!みたいな完全装備くらいでちょうどいい。
    ウォールポケットを首から引っかけたいくらい。行商人スタイルを目指せ。
  • 黒服は避けろ
    日向の攻撃が倍になるぞ!だんだん持ち物じゃなくなってる。

だんだん効率よくかつダメージを残さないでイベント攻略するか考えるのが楽しくなってきますよね。

わたしはゲーム一本やりたいがために待機列並びたくなってきてます。日常でなかなかなんにもできない6時間を確保するってできない。

買ったグッズの記事はこちら。

AGF2018で発売されたうたの☆プリンスさま♪Shining Angel & Dark Devilのグッズレビュー。缶バッジやバッグチャーム、ピアス、しおり風ストラップ。開封したりアクスタを組み立ててみたりして楽しんでいます。